エーティーワークス営業の吉川です。今日は本来であれば各ドアの入退室履歴を残すためのiDoors クラウドの便利な拡張機能をご紹介します。ブログのネタがなくなっても困るので小出ししていきますが勘弁してください(笑)今日ご紹介する機能は「所在確認機能」になります。入退室履歴を残すのはもちろんですが『「今」社内に誰がいるのかな?』と確認したくなったことはないでしょうか。社員の残業を管理している方はもちろんですが、みなさんも一度はそんな便利な機能があればと考えたことがあるはずです。なんと・・・iDoors クラウドではそんな便利な機能が使えちゃいます。もちろんわざわざアクセスログを遡って確認する必要はございませんのでご安心ください。

所在確認機能では、画像のように「どこに」「だれが」いるのかを目視確認することができます。もちろんスマホでも確認できますので外出先からでもご確認いただけます。

また、画像内の名前の横の○が青色と灰色の2種類があるのですがこれにももちろん理由があります。「PCを起動しているユーザー」が青色の○で「PCを起動していないユーザー」は灰色の○で表示されています。

クライアントPCに無償で配布しているiDoorsAgent(アイドアーズエージェント)をインストールすることでPCの状況を確認できるので「海さんと織さんは2Fのサポート課の自席にいて、清田さんは2Fのサポート課のオフィスにはいるが自席にはいない」というところまで確認することができます。

社内内線や外出先から電話をかけたいときでも「所在確認機能」を利用すれば、「今」「誰が」「どこに」いるのかを把握することが出来る本当に便利な機能なので是非覚えておいてください!

 

idoorsheader

~iDoors(アイドアーズ)webページ~

ホーム

~お問い合わせはこちら~

製品のお問合わせ