iDoors®のクラウドシステムとは?

iDoors®最大の特徴、クラウドシステム

入退室管理をクラウドで行うとは?

iDoors®はインターネットを経由し、弊社管理のクラウドとつながっています。
クラウドの管理画面には、ブラウザ上でアクセスすることができるため、アクセスする端末や場所を選びません。
管理画面から、入退室ログの確認や、ユーザー登録・変更などの作業が行えるため、管理者が現場に常駐する必要がありません。

クラウドシステム導入で
圧倒的に負担が減る入退室管理

認証機に触ることなく管理作業ができます

これまでの入退室管理システムに多かったのが、新入社員のカードキー作成などの場面において、認証機本体とPC間で配線接続し、管理画面にアクセスするといった手間のかかる方法でした。
入退室を行う通路での作業となるため、他の従業員の導線の妨げとなり、負担に感じたこともあるかと思います。
iDoors®なら、設定作業ごとに認証機本体とPCを配線するなど物理的な準備は必要が無く、お手持ちのPCやスマホから管理画面へアクセスすることですべての管理作業が実行できます。

社外にいても管理画面にアクセスOK

iDoors®クラウドにアクセスできるのは、社内のパソコンからの接続に限りません。
社外のインターネット環境からでも管理画面へアクセスができるため 専用端末を用意する必要がありません。

セキュリティ万全のクラウド

iDoors®クラウドシステムは、30年以上運用実績のある弊社A.T.WORKSが運用しております。
24時間体制の監視により万が一のトラブルにも迅速に対応致しますのでご安心してご利用いただけます。