世界基準の安全性と使いやすさ、次世代セキュリティシステム iDoors® IoTソリューションご提供します。

FAQ 機器や施工について

Q.iDoors®とは?
A.

iDoors®は、ICカードを用いて鍵を管理する入退室管理システムになります。
iDoors®の最大の特徴は、ユーザー情報やアクセスログといった入退室管理に必要な情報を全てカードリーダーを本体に記録することができ、専用の制御基板を使用することなく、電気錠の開閉操作が行えるオールインワンカードリーダーであるということです。 一般的に入退室の履歴管理を行う場合は、サーバー(あるいはPC)を準備してが専用のアプリケーションで管理を行いますが、iDoors®の場合は全てカードリーダの内部で処理をおこないますので、Webブラウザ搭載の端末(iPadなど)があるだけで専用サーバを準備することなく入退室履歴の管理がおこなえます。カードリーダーとの通信はTCP/IPで行っているため、遠隔からの操作やアラートメールの送信なども用意に行えます。また、クラウド型の機能拡張ソフトウェアも準備しております。

Q.ICカードの登録方法
A.

ICカードリーダを用いて、管理画面からカード番号を登録します。その他にも、iDoors®リーダーのテンキーを用いて登録する方法やiDoors®リーダーに登録させたいカードをかざして、エラーが出たカード番号を登録することもできます。

Q.iDoors®の設置方法は?
A.

基本的に、壁に取り付け工事を施しての運用となりますが、iDoors®リーダーを鍵と連動させずに卓上に設置して運用することも可能となります。

Q.ICカードは何を使用できますか?
A.

FeliCa規格とMIFARE規格のICカードが対応となります。おサイフケータイも対応ですので、鍵を持ち歩く必要がございません。

Q.iDoors®を複数台導入した際に一元管理は可能でしょうか。
A.

iDoors®コントローラーを使用すれば、8ドア16リーダを一元管理可能となります。

Q.電気錠制御盤は必要ないのですか?
A.

通電時解錠型、通電時施錠型の電気錠であれば、電気錠制御盤の役割をiDoors®リーダーが持っているので必要ありません。ただし、瞬間通電時解錠型、瞬間通電時施錠型の電気錠は、別途制御盤をご用意いただく必要がございます。
■電気錠制御盤が不要
・通電時施解錠型電気錠
・マグネットロック全般
・電気ストライク全般
【MIWA】AUT,AUTA,AUR,AURAなど
【GOAL】EXM,EUR,EURP,EUT,EUTP,ELM,ESM,ELT,EST,ELTP,ESTP,ELR,ESR,ELR,ESR,ELRP,ELB,ESBなど
■電気錠制御盤が必要
・モーター錠全般
・瞬間通電時施解錠型電気錠

Q.工事は必要ですか?
A.

壁に取り付けていただく場合は、工事が必要となりますが、卓上運用の際は工事は不要となります。

Q.ログのバックアップは可能ですか?
A.

iDoors®クラウドにご契約いただければ、アクセスログやユーザー情報をCSVで出力することが可能になります。ログは弊社のDCに保存しますのでバックアップが可能です。iDoors®クラウド以外では、ブラウザからログを手動でテキストに張り付けて 手動でバックアップを取る必要があります。

Q.iDoors®クラウドとは?
A.

ローカル環境でiDoors®リーダーをご使用いただく他にクラウドサービスもご提案しております。クラウドサービスをご利用いただくことで、ログをCSVに出力することや障害時に弊社の技術が遠隔からお客様環境にログインし対応することや所在確認などの拡張機能を使用することができます。

Q.iDoors®リーダーの設置方法を教えてください。
A.

付属のアンカー、ビスを用いて直接壁面に取り付けてください。
市販のスイッチボックスやはさみ金具も使用できます。
ドア開閉時にiDoors®リーダー本体に接触しないように取付位置を決めてください。

Q.iDoors®リーダーの配線方法を教えてください。
A.

使用する電気錠、システム構成により配線が変わりますので詳しくはシステム構成毎の配線図を参照してください。

Q.iDoors®リーダーの電源は?
A.

iDoors®リーダー1個あたりDC24V、600mA以上の電源トランスを用意してください。
1ドア2リーダーの場合は1.2A以上の容量が必要になります。

Q.iDoors®コントローラーの設置方法を教えてください。
A.

付属のスペーサー、ビスを用いて分電盤などに設置してください。
他の機器や配線などと接触しない位置に取り付けてください。

Q.iDoors®コントローラーの電源は?
A.

iDoors®コントローラー1個あたりDC24V、1A以上の電源トランスを用意してください。

Q.iDoors®リーダーは屋外設置しても良いのですか?
A.

IP65防水規格に準拠しておりますので屋外に設置することができます。
冬季などに外気温が0℃を下回る地域の場合はハウジングをご用意ください。

Q.iDoors®リーダーの読取り感度が悪いのですが。
A.

iDoors®リーダーの取付位置が金属面の場合(あるいは金属で囲まれている条件の場合)、カードの読取感度が著しく低下する場合があります。その場合は設置場所を変更するか、別売りの電波吸収材を壁面(金属面)とiDoors®リーダーの間に挟んでください。

Q.iDoors®リーダーの本体から警告音が鳴り続けます。
(ピーという長い音)
A.

iDoors®リーダーが稼働中に裏蓋を外すと不正な破壊行為とみなし警告音が鳴ります。
裏蓋を閉めると警告音は止まります。(不正行為のエラーログが残ります)

Q.iDoors®リーダーの本体から警告音が鳴り続けます。
(ピーピーという短い音の連続)
A.

カードをかざさずにドアを開けると不正開扉とみなし警告音が鳴ります。
ドアを閉めると警告音は止まります。(不正開扉のエラーログが残ります)

Q.iDoors®リーダーの状態表示LEDが赤く点灯しています。
A.

iDoors®リーダー本体とネットワークの通信ができていません。RJ-45コネクタが抜けていないか、ケーブルが断線していないか、ネットワークの設定が間違っていないか確認してください。

Q.iDoors®リーダーの状態表示LEDが赤く点滅しています。
A.

入室側iDoors®リーダーと退室側iDoors®リーダーの通信ができていません。
断線や繋ぎ間違いなど配線の確認をしてください。

Q.iDoors®リーダーのテンキーLEDが点灯しません。
A.

操作していない状態のときは点灯しません。テンキーを操作した場合に点灯します。

Q.iDoors®リーダーの状態表示LEDが点灯しません。
A.

操作していない状態のときは点灯しません。
カードを読取り、ドアリレーが作動している時間のみ青点灯します。
(アンロック時間1秒設定時=1秒間青点灯、10秒設定時=10秒間青点灯)

Q.iDoors®リーダーのカード読取音がしません。
A.

ターミナル設定で「カード読取操作音」を「ON」にしてください。

Q.iDoors®リーダーのテンキー操作音がしません。
A.

ターミナル設定で「テンキー操作音」を「ON」にしてください。

Q.工事期間はどれくらいですか?
A.

設置場所や環境にもよりますが、工事期間は2~3ドアで約1日が目安になります。
大規模設置の場合は別途ご相談ください。

Q.iDoors®リーダーが故障した場合の入退室
A.

外部からは通常の鍵を用いて開錠し、内部からはサムターンを利用して解錠ください。停電時につきましても同様に開錠してください。電気錠の鍵穴やサムターンは撤去しないでください。さい。

Q.停電した場合の対応は?
A.

電気錠は停電時に施錠状態になるタイプと、停電時に解錠状態になるタイプがございます。停電時はカードリーダーによる操作ができませんので、施錠状態になる電気錠は鍵穴とサムターンの付いたタイプをお勧め致します。解錠状態になる電気錠は高いセキュリティを求めない屋内扉などに使用してください。

Q.iDoors®リーダーが破壊されて侵入される可能性は?
A.

外部側に設置したiDoors®リーダーは直接電気錠の制御は行いませんので、破壊された場合でも解錠することはありません。裏蓋が開けられるとエラーログが残り、メールで管理者に通知することができます。

Q.どんな電気錠が使えますか?
A.

通電時施錠型、通電時解錠型、マグネットロック、その他2線式電気錠など様々な種類の電気錠との接続が可能です。モーター錠や瞬間通電時施解錠型電気錠の場合は電気錠制御盤が必要になります。。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © A.T.WORKS, Inc. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.