Fullon株式会社 様

積極的にクラウド活用 連携した新サービスも開発中

Fullon株式会社 様

ソフトウェアベンチャーとして2008年に設立。Webオープン開発系のエンジニアが9割を占め、IT関連のシステム開発や、企業コンサルティングなどを請け負う。企業からの受託のみならず、自社独自のサービス開発にも力を注ぎ、大きく成長を遂げている。

Fullon株式会社 代表取締役副社長CTO 中井 茂樹様
代表取締役副社長CTO 中井 茂樹様
導入経緯
  • ISMS取得のため、社員の入退室をログで管理したかった
  • 自社で開発している勤怠管理ソフトとの連携を想定し、クラウド管理できる製品を探していた
導入内容
  • 導入台数:1ドア2リーダー
  • 設置場所:執務室入口
  • 導入年月:2018年8月
効果
  • ISMSの維持審査もスムーズにクリア
  • 深夜残業の抑止も可能に
  • 自社の新サービス開発にもつながった

コストパフォーマンスで決断

ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)導入のためのコンサルティングを受ける中で、入退室のログ管理が必須ということで導入を検討し始めました。ログの履歴が残るシステムの中から色々と製品を探していくうえで、導入費用も一番低く抑えられる『iDoors®︎(アイドアーズ)』が最終候補に上がりました。単純にかざして開けるだけの電子錠ではなく、入退室の状況などをウェブ上で確認でき、遠隔にいても解錠ができるという機能性が決め手になりました。

自社サービスとの連携で新たな展開も

取引先に常駐している社員を除くと、現在は新入社員を含めて40名程度が毎日出入りしています。何百人も抱える会社ではないので、費用をかけすぎるのもどうかなと思っていましたし、当社はインターネット関連の開発を手がけているので、クラウド管理も可能な『iDoors®︎』とは親和性も高いと感じたんです。実際に、当社の勤怠管理ソフトと『iDoors®︎』を連携させたサービスを考えていて、具体的に試作に向かって進んでいます。そもそも勤怠の打刻が面倒臭い、できるだけ簡易にしたい、というニーズを具現化できる新サービスにしたいと考えています。
Fullon株式会社 様 石川県金沢市 iDoors® IoTソリューション 導入事例

社員証(FeliCa)をそのまま利用

当社の社員証が元々ICカード(FeliCa)だったので、それをそのまま入退室用に使っています。別のカードが増えずに済むというのも良いですね。全員の社員証の登録は私一人で行いましたが、トラブルもなく簡単に終わったので本当に助かりました。ある程度社員が慣れてきた頃から、アンチパスバック(入室側、退室側両方にカードリーダーを設置し、入室時の記録がないと、退室時に認証を許可しないシステム)を入れています。初めの頃は、引っかかる人も何人かいましたが、意外と慣れるのも早く、もうすっかり習慣づいています。
Fullon株式会社 様 石川県金沢市 iDoors® IoTソリューション 導入事例

ログは月1回定期的にバックアップ

以前、土日に社員以外の人が入った記録があって、「誰だ?」という話になったのですが、ログの履歴から、緊急時用にカードを貸与しているビルの管理者だということがすぐにわかって安心しました。ログは、月1回CSVファイルに出力して保存しています。ISMSの維持審査の際には、ログの管理画面を確認してもらい、簡潔に説明することができました。当社ではリスク管理のために、月に一度、社員一人ひとりにビルの入館カードと社員証をしっかり所有しているかを確認しています。無くすと会社に入れないという意識が芽生えたこともあって、紛失する社員は今のところ出ていないですね。

シンプルなのに欲しい機能が付いている

帰社後も、『iDoors®︎クラウド』でどこからでもチェックできるので、22時以降誰も会社にいないか、深夜残業の監視もできるようになりました。管理者としては、この所在確認機能はとても便利に感じています。シンプルなうえで、欲しい機能はちゃんと付いているところが良い。事務所移転の際は、ぜひまた導入したいと思います。今後アップデートを期待するなら、ログの抽出を定期的に自動でやってくれたり、居室に誰もいなくなったタイミングで監視カメラが作動するような連動ができるようになったらいいなと思います。
Fullon株式会社 様 石川県金沢市 iDoors® IoTソリューション 導入事例
Fullon株式会社
東京都千代田区平河町2-7-2 VORT永田町4F
URL:https://www.fullon.co.jp/