クラウド型入退室管理システム

お見積りから工事発注まで
スピード対応

様々なリーダーをスマホでスマート管理

顔認証、指紋認証QRコード、etc…
顔認証、指紋認証QRコード、etc…
  • 顔認証 顔認証
  • ICカード ICカード
  • QRコード QRコード

サービス説明動画

その他の動画はこちら

iDoorsの接続イメージ

iDoorsとは、ドアに設置されたリーダーとクラウドシステムを
接続することにより、入退室管理を行えるサービスです。

iDoorsの接続イメージについては
まずは資料をご覧ください!

サービス特徴

セキュリティ
セキュリティ

セキュリティ

ユーザーごとに入退室できるドアの制限や、認証の有効期限を設けることができます。
また、鍵のかけ忘れを防止するオートロック機能、異常発生時の通知や警備連動を行うことが可能です。
詳細はCLICK

  • オートロック オートロック
  • アラートメール送信 アラートメール送信
  • 警備連動 警備連動
様々な認証が可能
様々な認証が可能

様々な認証が可能

カード認証はもちろんのこと自社開発電気錠制御盤+IoTの組み合わせでセキュリティ以外にも様々なことが実現可能になります。iDoorsエッジはIoT電気錠制御盤なので、電気錠との連携はもちろん、センサー接続、Wi-Fi通信、BLE通信等が可能になります。
詳細はCLICK

  • 顔認証 顔認証
  • 指紋認証 指紋認証
  • QR認証 QR認証
入退室管理
入退室管理

クラウド入退室管理

「誰」が「どこ」へ「いつ」入退室を行ったのか、管理者はいつでもクラウドの管理ツールで確認することができます。また、いま誰がどこにいるのかも瞬時に確認することもできますので、従業員の行動を把握することも可能になります。API連携させることにより入退室の履歴と勤怠管理を紐づけ、よりスムーズな出退勤を行うことが出来ます。
詳細はCLICK

  • 複数拠点管理 複数拠点管理
  • 入退室履歴(クラウド保存) 入退室履歴
    (クラウド保存)
  • API連携 API連携
 

よくあるご質問

お客様の要件をヒアリングさせていただき、現地調査、工事まで最短で1ヶ月以内を目安にお考え下さい。導入までの流れをご参考ください。
電気錠の仕様に準拠します。停電時に解錠することを希望する場合は停電時に解錠する電気錠を選択する必要があります。
インターネット接続が切れても、通電している状況であれば ドアとリーダーは動作します。ただし、iDoorsクラウドからの操作やリアルタイムにログがiDoorsクラウドにアップロードされません。 インターネット接続が再開された時点でiDoorsクラウドとの連携が可能となります。
サポート窓口はございます。問い合わせフォームからご連絡ください。
よくあるご質問をもっとみる
 

料金

初期費用

料金目安 ご説明

認証リーダー

69,300円~/リーダー 入退室どちらも管理する場合は1ドアにつき2つリーダーが必要となります。

iDoorsエッジ

165,000円/ドア ご利用ドア毎に1台必要となります。

工事費用

330,000円~/ドア 設置するドアごとに工事を致します。

月額費用

クラウド利用料 金額
基本料金 7,700円
ドア課金 2,200円/ドア
料金をもっとみる
 

Instagram

iDoorsの導入事例や説明動画をご紹介しています