ブライシス株式会社様

決め手はミニマルなデザインと
ストレスフリーな使用性

ブライシス株式会社様

2003年設立以来、IP電話事業に取り組み、その進化系として成長したのが、株式会社リンクとの共同事業である「BIZTEL」。現在、コールセンター事業者を中心に約2,000社の顧客を抱え、さらなる事業拡大に向けて機能・品質を向上させている。

管理部 人事総務チーム/川名 晃様
導入経緯
  • 新オフィス移転に際してのセキュリティ強化
導入内容
  • 導入台数:3ドア4リーダー
  • 設置場所:エントランス、会議室、セキュリティルーム
  • 導入年月:2021年7月31日
効果
  • 機密事項を扱う部屋のセキュリティ性が向上
  • 監査(審査)への対応の効率化
  • 夜間の防犯対策の強化

オフィス移転を機に、4リーダーを設置

今年の8月にこちらのオフィスに移転してきたのをきっかけに『iDoors︎』を導入しました。セキュリティの強化を迫られ、クラウド型の入退室管理システムに絞っていくつかのメーカーで検討しましたが、当社の関連会社(株式会社リンク)が一足先に導入していて、「iDoors︎が使いやすいよ」という評判を聞いていたので、わりとスムーズに決めることができました。現在は、メインのエントランスと会議室、セキュリティルームの3カ所に計4リーダーを設置しています。エントランスの退室側と会議室の入室側に掌をかざすだけで解錠ができる非接触型のリーダーをエーティーワークスさんに希望して取り付けてもらいました。

セキュリティを確保し、把握も明確に

当社では、クレジットカードのセキュリティにつながるPCI DSSを提供するクラウドサービスを運営しているので、エンドユーザーの安全性は確実に保証されなければならず、毎年厳しい監査も入ります。今回PCI DSS専用のセキュリティルームを作るにあたって、特定の社員しか入れないよう、誰がいつ入っていつ出たのかを『iDoors︎』で管理できるようになったのは、とても大きいです。これから監査が控えていますが、データも一括で出力できるので以前よりも格段に効率的になりましたし、内容をしっかりと把握できているので質問に対しても即座に答えられます。ISO270001やISMSの審査も含めて、信用性を示す方法として、こうしたクラウドで管理できるシステムというのは非常に相性が良いと感じています。

不具合ゼロ。ストレスフリーなシステム

特別室のセキュリティ部分だけでなく、社員や協力会社のスタッフの出入りの管理も併用できるサービスとして『iDoors︎』に魅力を感じました。現在グループ会社を含めて70名の社員ほどですが、総務は私を含めて2名しかいないので、手間なく、社員の動きをクラウドで一括管理できるのは本当にありがたいです。日勤の社員だけではなく、運用をメインに行っているチームは深夜勤務もあるので、セキュリティ面がしっかり担保されているというのは安心感に繋がっていると思います。
導入してからは、エラーなどで困ったことは一回もなく、従業員からの不満の声もありません。管理側も従業員もストレスなく活用できているので、トータル的にみて費用対効果は非常に良いシステムだと感じています。

内観に合わせて好みのリーダーを選択

iDoorsクラウドに仮でICカードを登録しておくことで、急な来客などにも即時の対応ができますし、追加でのユーザー登録の場合にもリーダーにカードをかざすとログが出てくるので、サクッと手間要らずで登録できてしまいます。社内では他にもいろんなクラウドサービスを使っていて、中にはメーカーの窓口を通さなければ登録できないというものもありますが、『iDoors︎』にはそういった煩わしさがないというのもポイントだと思います。
また、オフィスのデザインを白、黒、茶で統一しているのですが、内観を邪魔しないシンプルでおしゃれなリーダーが良いな…と思っていたところ、いくつかのラインナップから好みのものを選ぶことができたのも良かったですね。

信頼につながる柔軟な対応力

事前に、どこまでできるかをしっかりとエーティーワークスさんと相談できていたので、あとはすべておまかせという感じでした。配線は見えないように隠してもらい、iDoorsエッジはサーバールーム一ヵ所に集約してもらいました。一ヵ所に集約することでメンテナンス時の点検もしやすくなりました。
現在当社では約2,000社以上のお客様にご利用いただいていて、時代によってセキュリティに関する要望はどんどん変化してきています。都度、エーティーワークスさんに機能の追加などを相談すると、「検討します」と前向きに対応いただけるので心強い。これは自社で開発してらっしゃるからこそだと思います。今後も運用を重ねていくことで、要望は出てくると思いますが、その対応力にも十分に期待しています。
ブライシス株式会社
URL:https://www.brisys.co.jp/company/